AED

ホーム > AED

AED

AED:あなたは「大切な人」を救えますか

AEDとは

 自動体外式除細動器のことで、命に係る重症な不整脈を治療する唯一の器械です。
 今まで医師と救急救命士以外行うことができなかった除細動を、AEDを使って一般の人も行うことが可能となりました。

胸に激痛が走ったら・・・

 元気だった人が心臓の病気、特に心筋梗塞などで、突然倒れた場合には、その心臓のリズムは心室細動になっていることが多いといわれています。
 心室細動とは、心臓の筋肉が不規則にブルブルと震えることをいい、心臓から血液を全身へ送れなくなり、そのまま放置すると死に至ります。
 その時に、直ちに人工呼吸や心臓マッサージを始めることは、脳障害等を遅らせることができ、とても大切なことです。
 さらに、心臓に電気ショックを加える「除細動」(「細動」を「除く」という意味)を早期に行うことは、心臓のリズムを正常な状態に戻す最良の方法なのです。

心筋梗塞(動脈硬化)にならないために!

 1.たばこをやめましょう!
 2.脂のとりすぎに注意しましょう!
 3.痩せましょう!(太りすぎの方)
 4.甘いもののとりすぎ、過食に注意しましょう!
 5.ストレスはためないようにしましょう!

除細動はAEDで行います

 除細動を行うにはAED(自動体外式除細動器)という機器を使用して行います。
 AEDは傷病者の心臓リズム(波形)を自動的に調べて、除細動が必要かどうかを判断します。操作は、音声メッセージにしたがって行いますので、誰でも簡単にできます。さらに、除細動の必要がない波形の場合は、操作をしても放電しないので安全で確実な操作が可能なのです。

AED取扱いの講習会は

自信を持って確実に操作できるように、次の講習を受講していただきたいと思います。

普通救命講習?(3時間)
  心肺蘇生法とAEDの取扱方法
普通救命講習?(4時間)
  AEDを設置している事業所を対象とした心肺蘇生法とAEDの取扱方法
一般講習(3時間未満)
  主に心肺蘇生法を中心とした講習

AEDの設置を普及させましょう

 いくら講習会を実施してもAEDが設置されないと、救える命も救えないことになります。
 一部のホテル、ガソリンスタンド、パチンコ店などに設置されていますが、公共施設への設置が遅れているのが現状です。
 AEDの設置が進み、最終的には消火器と同様、建物内はもちろん、町の通りにも一定間隔で設置されることを期待しています。





サイト名: 奥州金ケ崎行政事務組合 消防本部   http://www.tanko119.jp
この記事のURL:   http://www.tanko119.jp/modules/aed11/index.php?id=1