119番の仕組み

ホーム > 119番の仕組み

119番の仕組み

通報

通報

火災が起こってしまった場合でも被害を最小げんに食い止めるために、市民の皆様の迅速な通報が大切です。

受付

通報受付

すべての119番通報は指令台に入電されます。指令台では通報を受けると同時に、通報内容のモニターを開始します。

災害地点特定

災害地点特定

地図等検索装置に、通報内容聴取や発信表示装置により特定した災害地点の地図を表示し確認します。
(119番通報受付と同時に起動します)

""
災害種別特定

災害種別特定

通報を基に災害種別を確認し、出場指令に活かします。

出場指令

出場指令

災害種別・規模により自動的に最適な出動車両を編成します。管轄署所及び関係部署へ正確な情報と的確な出場指令を伝送します。

現場管理

現場管理

速やかな災害対応を行います。
車載端末を搭載し、出場車両の動態管理を行います。

""
活動終了

活動終了

すべての活動終了後、その災害状況や活動内容が蓄積されます。蓄積されたデータは、各種統計などに利用され、類似の災害防止や消防活動に活かします。





サイト名: 奥州金ケ崎行政事務組合 消防本部   http://www.tanko119.jp
この記事のURL:   http://www.tanko119.jp/modules/mechanism4/index.php?id=1