容器入りガソリン等販売時の本人確認等について

投稿日時 2020-4-4 0:29:20 | トピック: 新着情報

容器入りガソリン等販売時の本人確認等について(購入される方はご協力ください)

 ガソリン等の適切な使用を確保し、火災予防を徹底するため、容器入りガソリン等を販売する際は、令和2年3月11日付消防危第60号通知に基づき事業所へ次の通り販売時における顧客の本人確認等の協力を依頼しましたのでお知らせします。


1 本依頼において対象となる容器入りガソリン等

 容器入りのまま販売される日本産業規格(JIS)K2201(工業用ガソリン)若しくはJIS K2202(自動車ガソリン)に相当し、又はこれを主成分とする第四類第一石油類の危険物(ホワイトガソリンや混合燃料油等)が対象となります。(容器の最大容量が500ミリリットル以下のものを除く)


2 本人確認等のご協力をいただきたい事項

 (1) 容器入りガソリン等を合計10リットル以上購入しようとする顧客に対し、本人確認及び使用目的を確認する場合があります。

 (2) 顧客への本人確認を行う際、氏名、住所、使用目的等を明らかに拒否するなど、顧客の言動等に不審な点がある場合は、警察署へ通報されることがあります。

 (3) 容器入りガソリン等を通信販売で購入しようとする顧客に対しても、(1)及び(2)のとおり顧客の本人確認等を行う場合があります。


容器入りガソリン等を販売する事業所の皆様へ リーフレット
[url=

ガソリンの取扱いに関する通知等 消防庁ホームページ
http://www.fdma.go.jp/mission/prevention/gasoline/tutatsu.html



奥州金ケ崎行政事務組合 消防本部にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.tanko119.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.tanko119.jp/article.php?storyid=159