ワンオペママが熱望する『ファザーシッター』

『ファザーシッター』というと、皆さんはご主人の顔が頭に浮かぶでしょうか(笑)

私の周りにいる小さい子供を抱える友達は、夫の愚痴をいい出すと止まりません。

  • また休日に予定を入れて、一人で朝からさっさと一日家をあけているよ。いつも自分ファースト。
  • 子供をお風呂に入れるっていう役割分担なのに、毎晩帰宅が遅くて口を開けば『仕事だから仕方ないじゃん』
  • 外面だけは完璧だけど、家の中じゃソファの上に寝転がって全く動かないクズ夫。ある意味役者。
  • 『うっせーなー』っていうなら、私にいわれる前にさっさと動けよ!

 

漫画『ファザーシッター』の主人公の春美もこのような悩みを抱えているようですね。

私はまだ漫画を読んでいないのですが、周りから聞く話とほぼほぼ同じで家の中の様子が手に取るように分かります。

『子供は毎日成長しているのに、成長しないのはうちの旦那』なんて私の友達はいいますが、春美の旦那も朝からスマホゲーム三昧だそうです。

 

実際にはあるはずもないのんですが、家のことだけじゃなくて『家全体の問題』を解決してくれるベビーシッターがいるという設定の漫画に、ここに夢と希望を託す女性は多いだろうなって思います(笑)

私も夫にいいたいことがありますし…

  • 布団に入る前にお風呂に入れ!
  • いつもテレビや動画のボリューム大きいのよ!耳つんか!?
  • クローゼットの扉は閉めて!毎日いわせないでくれるかな!

などなど、いい始めるとキリがありません。

 

世の女性(漫画では母親)が抱える問題を解決してくれる伝説のシッターは男性だそうですが、性別なんて関係ありません。

本当にうちにも来てですよね。

今まで育児中の母親に焦点をあてた漫画はたくさんありましたが、ダメ夫にフォーカスしているのは珍しいしリアリティがありそうです。

『作者が実際に経験したことが盛り込まれているんじゃない?』ともいわれているぐらいだそうです。

女性が読むと『あるある』『分かる分かる』とスカっとするのかもしれませんが、こういう場合は自分のだらしなさやどれぐらい育児に参加していないかを自覚するためにも、中坊頭の夫が読むといいかもしれませんね。

漫画を読まれた方の感想を見ているととても評価が高くて、気になっている漫画の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。